保育士資格は中卒でも取得可能!保育士資格を取得しても保育士として働くことが・・・

一般的な保育士の資格の取得方法

一般的な保育士の資格の取り方は、厚生労働省が認定した大学や短大や専門学校を卒業する必要があります。これらの学校を卒業すると自動的に保育士の資格を取得することができます。無事に保育士の資格を取得しても、向いている人と向いていない人がいますが、実際に仕事をしてみないとわからないのです。ですが、保育士は1日中子供と一緒にいるので本当に子供が好きじゃないと続かない仕事です。子供が好きな人には、取得しても後悔をしない資格です。

中卒でも保育士の資格を取得できる

大学を卒業しなくても高卒で受験資格があります。ただし、大学のように卒業すると同時に自動的に資格を取得できるのではなく、保育士試験に合格しなくてはならないのです。高卒で保育士試験を受験する人は、高校を卒業後に児童福祉施設で2年間の実務経験を積むと保育士試験の受験資格を取得することができます。中卒の場合には児童福祉施設で5年間の実務経験を積むと保育士資格の受験資格を取得することができます。つまり、保育士の資格を取得するには、学歴は一切関係ないのです。

保育士資格だけでは保育士として働くことができない

子供が好きだけど、中卒だからと言ってあきらめている人もあきらめなければ、保育士の資格を取得することができます。ですが、保育士資格を所有しているだけでは、保育士として働くことができないのです。保育士として働くには、保育士登録をしなくてはいけないのです。保育士登録をすると全国で保育士として働くことができます。保育士資格は一度取得すると更新などは必要ないので一生、保育士として働くことができるのです。保育士登録をすると保育士証が発行されます。

勤務時間が少ないところを保育園の求人で、探すコツとして、スタッフが多くいる保育園は1人あたりの仕事量もスタッフが少ない保育園よりも少なく、残業時間を減らすことができ、勤務時間を少なくできます。

You may also like...