介護福祉士の仕事に向いている人の特徴とは?

人と接するのが好きな人

介護福祉士はほとんどが人と接する仕事になるため、そういった仕事が苦手な人は向いていないというか、なかなか仕事が続けられかもしれません。人と直に接してサービスを提供することで、直接お礼を言ってもらえたり、感謝されることが喜びになる部分もあるので、そこをやりがいとして感じられるような人が向いていると言えるでしょう。過去にそういうアルバイト経験などがあると、それも介護福祉士を選ぶときに良い経験として役立つ可能性もありますね。

我慢強く忍耐力のある人

介護福祉士はどうしても高齢者を相手にして仕事をするので、自分の希望どおり、指示通りに動いてくれない可能性もあります。高齢者なので、身体が動きづらいというのはしょうがないのですが、そこにイライラしてしまったりして顔や態度に表れてしまう人は厳しいかもしれないのです。全くイライラするなというのは難しいかもしれませんが、高齢者も自分なりに一生懸命やっているんだという想像力を働かせて、思いやりを持って接することができる人が向いていると言えるでしょう。

全般的な身体の力がある人

介護福祉士の仕事は、楽ではありません。体力が必要です。お風呂に入らせたり、ベッドに寝かせたりする仕事もありますから、そのときに力がないとスムーズに行えないと思います。だから、女性でも務まる仕事ではありますが、最低限の足腰や腕の力なども必要なのです。そして、そういう力仕事とも呼べる作業が連日続くので、体力もある程度ないとなかなか続けることが難しいでしょう。だから、身体能力の部分も一応求められますが、そんなに高い能力が必要なわけではありません。

介護の求人では正規職員の募集があり、退職金制度、ボーナスや社会保険加入など福利厚生が優遇されています。

You may also like...