保育士の免許を取得するための養成機関について。

4年制大学で資格を取得する。

保育士は、指定された養成機関で専門の勉強をしたり、実習をしたりして所定の単位を取得し、卒業した者のみが取得できる国家資格です。保育士の資格を取得するためには、その養成機関に入る必要があります。まずは、4年制大学で保育士の取得できる学部・学科に入学して取得するという方法があります。大学では4年間以上の在籍が必要になりますが、保育士の資格を取得することができる上に、それ以外のさまざまな分野の勉強ができますし、所定の単位を取得すれば、幼稚園教諭の資格や福祉関係の資格なども同時に取得することが可能です。

短期大学で資格を取得する。

保育士の資格は、もちろん短期大学でも取得することができます。短期大学での履修期間は基本2年であり、早めに保育士の仕事に就きたいと思っている人や、学校に通う費用を少しでも安くしたいと思っている人ならば適している学校であると思います。短期大学でも、希望すれば保育士の資格と同時に、幼稚園教諭や福祉に関する資格などを取得できるところもあるので、入学する前にさまざまな学校について調べてみるのがいいと思います。

専門学校で資格を取得する。

保育士の資格は、専門学校でも取得することが可能です。専門学校の数は、大学や短期大学よりも数がはるかに多いので、保育士の資格を取得するために学校に行きたいのだけれども、大学や短期大学が自宅から通える場所にないという地域でも、専門学校ならば通える範囲にある可能性が高いです。また、専門学校の多くが私立なので、それぞれの専門学校での学べる内容に特徴があり、自分が学ぶのに適した専門学校を見つけて通うことができます。

保育園での求人は、工夫をすることにより、保育士の求人が募集しやすくなる。現在の保育士の給料は低いため人材確保が厳しい。改善することにより、保育園の求人が行いやすい。

You may also like...