女性営業の世界というものをいろいろと眺めてみれば・・・

女性営業の代表選手といえばやはり保険の勧誘員

女性の営業といえば、まず頭に浮かぶのが保険の勧誘ではないでしょうか。これは保険会社の勧誘員といえば、まずは女性というのが相場となっているからです。こうした女性の中には凄腕の人もいて、借金の取立てにきた「そのスジ」の男を、逆に保険に加入させてしまったという女丈夫もいたりします。それはともかくとして、保険の勧誘員といえば女性、というのが風物詩と言ってもいいものになっている、というのは確かなことなのではないでしょうか。

営業職には分類されていないスタイリストも・・・

文字通りの営業職には分類されていないものの、営業力が必要とされる女性の職業として、スタイリストというものがありますね。スタイリストという職業は、モデルの写真撮影の準備や手配をしたり、映画やテレビ番組への出演者のカメラ写りを引き立たせるために、その衣装やアクセサリー、髪型などを場面に合わせてコーディネートする、といったものなので、美的センスばかりではなく、スタッフやキャストへの営業的な配慮も要求される、というプロの仕事なのです。

個人経営の美容院もまた女性営業の・・・

大手の美容室チェーンではなく、個人経営である美容院なども、女性営業の代表的なものと言えそうです。店舗経営というのは文字通りの営業ですから、美容師であって同時に美容院の経営者でもある、というのは立派に女性の営業職と言えるのではないでしょうか。大規模にチェーン展開している美容室チェーンとは違って、個人経営である美容院では美容師としての腕もさることながら、店主としての営業手腕が問われることになるからなのです。

女性営業の強みは、ものごしの柔らかさと安心感といえるでしょう。常に清潔感を心がけ、相手の話を真摯に聞くようにしましょう。

You may also like...