保育士ってどうやったらなれるの?資格って必要なの?

保育士の需要ってあるの?

少子高齢化と言われて久しい日本で保育士の需要ってあるの?と思います。しかし、その格子高齢化対策として厚生労働省の方針により保育施設の拡充、充実が求めらてており、保育士の需要も高まっています。また、最近では企業そのものに託児施設ができたり、デパートなどの商業施設でも親が買い物をする間に預けられる施設が設けられており、保育士資格をもつ人材はますます求められていくでしょう。保育士資格を持っていると今後の就職やパートなどにも役立つかもしれませんね。

保育士資格を得るためには保育士養成校へ!

保育士資格を得るには2つの方法があります。一つ目は厚生労働省が認可する保育士養成校を卒業することです。四年制大学、短期大学、専門学校、通信制学校と選択肢はありますが、これらの学校を卒業することによって保育士資格を得ることができます。2年から4年かかりますが、確実に資格を得られることが最大のメリットですね。デメリットとしてはやはり金銭面の部分が大きいですね。2年から4年かかりますので、学費・通学、遠方の方は生活費もかかってきます。社会に出てから通学して学ぶ方は、時間の配分も大きな問題となりますね。ただ、実習や教育プログラムも充実しており、学んだ経験をすぐ現場で活かせる貴重な場だといえるでしょう。

独自で保育士試験を受ける方法も

もう一つは年に一度実施される保育士試験に合格することです。働いているが保育士の資格を取りたい方や自分のペースで勉強できることがメリットです。こちらは試験に合格しなければ保育士資格を得ることはできません。受験資格も様々定められているので注意が必要です。試験は筆記だけでなく実技試験もありますので多岐に渡った勉強が必要です。通信教育を受けると専門の講師に直接質問できたり、カリキュラムも充実しているので独自で学ぶよりは合格率もアップするでしょう。資料も無料で取り寄せられるので、自分に合ったカリキュラム、時間配分とを見比べて検討してみるのもいいかもしれません。

保育士の求人を東京で探すには地域に密着をして求人を紹介している情報サイトを活用すると非常に便利だといえます。

You may also like...